奄美大島×色々思ったこと。

奄美大島に行ってきた。非常に美しく、魅力的な南国。住んでいる京都とは違って、気温は17度程度。暑がり&太っちょの僕はほぼ半袖で過ごしていた。お世話になったのは、ゲストハウスロングビーチ。ドミトリーではなく、基本的には個室でプライベートが守られつつ、価格はゲストハウス価格でリーズナブル。今回は9泊した。毎日、旅人や地元の人達、ゲストハウスのオーナーさんと飲み、しゃべりまくりの9日だった。我ながらよく通る声でのまくし立てるような早口だから、僕が帰ったあとは、多少静かになったかも知れない。まあ、自覚はある(笑)

僕が旅に出る理由はだいたい2つくらいあって。ひとつはダイエット。もうひとつが地域経済の取材である。ダイエットに紐付いて、魚釣りが入ってくる。で、北国と違って南国の魚は冬場は活性がかなり落ちるようで、釣果は1匹。早々に釣りは諦めて、生まれて初のテニスに挑戦などしてみた。非常に良い。

手にしているのは、ラケットである。決して、大きめのしゃもじでは無い。

奄美大島の最大の魅力は「人の手が入り過ぎていないこと」。今回は繁華街とされている「名瀬地区」に行かなかったこともあり、自然を満喫することができた。但し、夜の山は普通にハブが出るらしいので、夜に野生動物を観に行くなどの場合は、自己防衛と自然保護の観点から現地の観光ガイドさんについていくことがマストだと思う。

今は「人の手が入り過ぎていない」と感じる奄美大島だが、その歴史は自然的ではなく、極めて人為的な権謀により動かされてきたことを、今回の取材旅では知ることができた。奄美大島は江戸時代、薩摩藩のほぼ植民地状態であり、第2次世界大戦後はGHQによる統治が行われるなど、都度の権力者による搾取があった悲劇がある。一方で、そうした状況下で培われた人々の強かさは現地の方にお話を伺う中でも感じることができた。たとえば方言の「しまぐち」は難解な言語であり、奄美出身者でなければほぼ初聞ではわからない。この「しまぐち」を暗号として用いることで、時の為政者たちの圧政の中で情報を共有したという。それを防ぐために「しまぐち禁止」とされて時代もあった。今は、「しまぐち」が文化として残されている。

また、日本が発展途上の際には、奄美大島の木々が線路の枕木に使われることとなり、多くの山がハゲ山になったという。地方が都会の犠牲になるのは、いつの時代も変わることは無い。

南の島に行くといつも思うのは、「ただ楽しいだけ」じゃないということ。沖縄であれば本土決戦による日本軍による虐殺や島津藩による圧政による悲しい事実を聞く。そして、石垣島に行けば「琉球王国に虐げられた」と記載された書物に会う。その先の八重山諸島(先島)と言われる島に渡れば、「石垣島から圧迫された」とある。自分たちより弱いものに対して圧が向かうのは、社会の習いであり忌むべき人間の本質であるとも感じた。

・・・とまあネガティブなことを書いてるけれど、ちゃっかり普通に楽しんでもいる。海はとてつもなく綺麗だし、ウミガメもいるし。ウミガメがどこにいるかについては、島で活躍されているガイドさんなどに聞いてほしいと思う。

釧路、爆釣ものがたり。

先日、また釧路に行ってきた。北海道では鮭を「秋鮭(アキアジ)」と呼び、河口で釣ることができるのだ。今回は、そのアキアジ釣りをメインとした旅だった。ただ、結論。「釧路でアキアジが釣れる時期はもう終わりました」という釣具屋のお姉さんの言葉で、秋鮭は断念。はっきりと教えてくれるところが、 優しい 。なので、1ヶ月ほどの滞在を予定してたが、だいぶ巻きの2週間ほどで帰ってくることになった。

しかし、アキアジ以外は絶好調。いつも常宿にしている、交流型ゲストハウスのプルーフポイントさんから徒歩3分圏内にある釣り場(地元の人はゼロ)で、まあ毎日、30分程度の釣り時間で、夕食分以上は釣ることができた。

今回、正解だったのは4Kモニターの導入。Amazonで購入し、そのまま配送先をゲストハウスにすることで、自分が着くのと同時くらいにモニターも着いていた。これは、本当に快適。ノートパソコンの視野と、モニターの視野では段違いだし、作業効率も大きく変わる。何より、私のストレスがゼロ。物書きや投資の仕事をしていると「場所を選ばず、ノートパソコンだけで仕事ができるノマドですね」って言われるのだが、“オフィスなど快適な環境が担保されていないところで非効率的に仕事をするような、プロ意識に欠けた人間ではない”という私の持論から、「ノマドと言われること」を非常に嫌悪していたのだが、モニターさえあれば、全然ノマドでやっていける。ただ、大画面を持ち歩くだけの体力や根性があれば、だが。

有り難いことに仕事が忙しく、2週間の滞在中、終日オフだったのは1日だけ。それでも、仕事終わりに釣りに行ったり、温泉に行ったり、イクラが食べ放題という朝食ビュッフェを味わったりと、結構満足度の高いものがたりになった。

あと、釧路あたりでしか流通していない「コマイ(氷下魚)」をバイヤー並みに3kg購入。ヤバいくらい美味しいのだが、ほとんど釧路周辺以外では見かけることがない。大衆魚なのでスーパーで安くで手に入るし、釣りに行って群れに当たれば、300匹とか平気で釣れる魚だそうだ。 あと、本ししゃも(本州で流通しているのはカラフトシシャモ)も、当たればそれくらいは釣れるらしい。 次回は、チャレンジしてみたい。

釧路から車で1時間半ほどの中標津町というところにある『知床ジンギスカン そら-SORA-』の肉は、美味しすぎた。美味しいだけではなく、とても元気になる。「滋養という言葉は、こういう時に使うのだ」と感じた。

LINEのアカウント運営、広告費を年間収入1000万円か~。隔世の感。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50177750V20C19A9CC1000/

ま、噛み砕いちゃうと、200万人ユーザーがいたらしいので、1人あたりに換算すると、1年間で5円、アフィリエイトを使って買う人がいたら、それだけで1000万円にはなるし。

そりゃー、バズらせたい人たちが出てくるはずだわ。醜悪でもフェイクでも、無駄に人種差別を煽るような内容であっても「バズればいい」わけだし。

そしてそんな、「どんなことやってでも、稼げたらええんや」の成れの果てが、今回の加害者たちだよ。これからは、加害者たちの名前が永遠にネットという墓標に刻まれていく。ネットを悪意のみで使ったのだから、しょうがない。

正しいクビの切られ方。リストラはこれから加速するだろうから。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47806980W9A720C1MM8000/

日産が1万2500人をリストラするとの日経記事。日産の場合は、業績下降によるリストラだが、現在、業績好調な企業が「今のうちに、首切りをしとこう。リストラしとこう」というケースも増加中だ。

これらのニュースをみていて、2008年~10年前半頃に「リストラを勧告されているっぽいが、どうしよう?」という人たちの相談に乗り、労働者側に対するコンサルみたいなことをやっていたことを思い出した。

その当時のリストラはリーマンショックにより、完全に業績が下降した中で行われていたこと。大手企業は「退職パッケージ」を用意し、ゴリゴリとリストラを敢行した。実際のところ、大体どこも一緒のパッケージで、「必要としていない社員に退職勧告を行なう→聞かない社員がいたら、リストラ向けの子会社に出向→子会社を潰す」という流れが多かった。

そんなパッケージを知っていた私が当時アドバイスしていたのは、「貰うものをもらって、辞めなはれ」だ。

──これまでの日本経済におけるリストラは、「リストラ候補の母集団全体に、網をかけて退職者を募る」というのが慣例だった。しかし、グローバリズムが浸透していた最中に起こった「リーマンショック」は、リストラの現場も外資系並みのドライさを求めるようになった。労働者が、外資系企業ほどの賃金を貰っていないにもかかわらず、だ。

【CASE1/退職勧告を受けている方からの相談】

「仲西さん、退職勧告を受けてます。今ならこれだけの退職金が上積みされますが、将来のことを考えると。。。」という40代後半の相談者。話を聞くと、日本では表向き許されていない“指名解雇”でのいわゆる肩たたき。会社としては、自社に利益をもたらす人材は残し、そうでない人材を削りたいわけだから、“指名解雇”は理にかなっている。もちろん「将来、給料を上げてやるから今は薄給で頑張れ」と言われていて、その会社のいうことを鵜呑みにしてしまっていた末に、「辞めろ」と言われた労働者からしたら、たまったものではないのだが。いずれにせよ、日本では“指名解雇”は、解雇権の濫用にあたるため、法廷闘争では企業が敗訴する場合がほとんど。だから“指名解雇”は突っ張ねることが可能だ。しかし、会社は既に、辞めて欲しい退職者をリストにして、指名で肩たたきを行っているのだ。──であれば、断れば断るほど、どんどん退職金の金額も下がり、最終的にはジリ貧になってから放り出されることになる。指名解雇である以上は、もう会社はその相談者を「不要だ」と考えているのだから、逃げることは難しい。相談者の所属していた企業は、幸い大手だったので、まあまあの退職金が出る。なので、「その資金を大切にして、今、最安値にある日本の株式に余裕資金でBETしてください」と。ちなみに、その時買った株は、アベノミクスで大きく上がっている。

【CASE2/既に子会社出向が決まっていた方からの相談】

この方にも「貰えるべきものを貰って、辞めてください」とはっきりいいました。子会社に転籍し、その会社を潰すことで「退職金ゼロにする」という企業の横暴があること──それくらいリーマンショックは企業の財務を傷つけ、手段を選んでられない状況になっていたとも言えます──しかし、そんなことは、関係ありません。あくまでも僕のお客さんは「相談をしてくれた方」。その方の利益を最大限に引き出すのが、僕のミッションです。そのために、お金を貰っているわけですし。この方は、「子会社いる間に、退職金をもらいつつ、会社都合で辞める」ということをアドバイス。それを実現されました。退職金をもらいつつ、失業保険も“会社都合”でもらえるので、1年~1年半は逃げ切れます。その間に、景気が回復し、今は自営業を営んでおられます。

というわけで、もし、会社からのリストラ圧力や、その他様々なプレッシャーを感じておられる方、一度ご相談ください。ご相談は無料です。

そもそも「闇営業」業界用語。「直営業」っていう、ふさわしい言葉を使うべき。とはいえ宮迫さんのリカバリーは下手すぎだと思ったし。

なんていうんでしょうねえ。いや、まあお笑い大好きっ子としては色々思うわけですよ、それなりに。 えと、ちなみに 雨上がり決死隊の宮迫博之とロンドンブーツ1号2号の田村亮さんについては、別に好きな芸人さんでは無いので、個人に対しての思い入れは正直、無いです。

ただ、メディアの取り上げられ方や、世間からのバッシング、プロダクションとタレント、リスクマネジメントの観点とかなどからみるに、やっぱり思うところは大きく。

細かいところでいえば、名称。アエラなどを始めとした大手メディアは、ほぼ「宮迫」と呼び捨て。ただ、日経新聞だけは「宮迫さん」と敬称をつけていて。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47588730Q9A720C1CC1000/

ここについては、日経新聞さんの表記が100%正しいと思う。だって、別に今回行なわれた「直営業」そのものに違法性は全く無いわけだから。犯罪にはかすりもしない。そもそも「直営業」を「闇営業」という“業界用語”を、一般メディアが使うこと事態に気持ちの悪いものを感じる。

「直営業」がNGな理由は、今回のようなケースを避けるため。

「直営業」のリスクは、まさに今回のケース。一個人では、取引先を“審査する力”が、圧倒的に低い。吉本の場合は、ギャラの取り分について「9割プロダクション、1割芸人」と公然と語られているが、その9割の取り分の中には審査を行なうことと、仮に審査で見抜けなかった場合のリスクは、プロダクションが負うということが含まれている。ところが「直営業」をしてしまうと、ギャラは100%もらえるけれど、取引先が反社会的勢力だった場合のリスクも100%背負ってしまうことに。まさに、此度の事案。

しかも今回は、反社会的勢力のパーティーに出て、小遣いをもらったというだけ。「芸能人が広告塔になって、積極的に詐欺に加担していた」という過去の“事件”と並べてみれば、比較できないレベルのことでしかない。

平成電電、近未来的通信、エル・アンド・ジー、豊田商事とか、芸能人が広告等になり、積極的に詐欺の片棒を担いだ事例は枚挙にいとまがない。平成電電については、日経新聞に投資を募集する広告記事まで出ていたことを覚えている。それをみて、当時学生だった僕でさえ、「こんな怪しいところに、お金を突っ込むやつがいるのかね」と思っていたのだけれど、結構被害者は多い事件となった。 ITバブルが華やかりし頃だったの“IT”と付けば、よくわからんものにも値段が付いていた時代ではあった。

まあ結局の所、平成電電はポンジ・スキームであることが早々に発覚し、詐欺容疑で経営者が逮捕されるという“事件”になった。

日経新聞の審査でもわからないような“詐欺集団”を、一個人が見抜くことはほぼ無理。

広告代理店にせよ、新聞社にせよ、TVにせよメディアには「審査」という機能が備わっている。特に日経新聞なんて、その筋のプロが集まっている会社だ。そんな組織ですら、詐欺であることを見抜けなかったのだから、個人がそれを見破るなんてのは、実質無理だと思う。

そう考えると、今回の「直営業」の騒動は、“個人の迂闊さ”というところに帰納する。で、“個人の迂闊さ”ということに対してで言えば、今のバッシングはどう考えても行き過ぎ。プロダクションが「直営業」を禁じており(こういうリスクの潜在をヘッジする意味でも)、それを破ったせいで、もっとも起こってはならないことが起こってしまったことは事実。でもそれは、プロダクションとタレントの間の話であって、世間がここまでバッシングするようなことじゃない。

けど、宮迫さんのリカバリーは下手ではあると思う。

ただ、リスクマネジメントの観点からすると、今回の騒動は頂けない件が多い。先程書いたロジックで言えば、「直営業」をしてしまった以上、その責任は「個人」にある。だから、そのリスク──今回で言えば、お金をもらったのが詐欺集団だったこと──からこうじてしまった“世間からの批判”については、プロダクションに任せるのではなく、あくまでも早急に“個人として、釈明会見を開くべき”だったのだ。

そこを、自分で勝手に「直営業」をしておきながら、その責任の所在をうやむやにしようとするから、こんなことになる。

しかも記者会見で、「プロダクションから、脅された」なんてことは、あったとしても言うべきじゃない。筋が違うからだ。

なんだろうな。お笑い好きとしては、ペニオクの連中とかも集めて「お先棒を担いだ芸人」ってのを一発かませてくれたら別にOKみたいなところはあるけど、それこそ“世間”ってのは許さないんだろうな。

──さあ、そして明日は選挙ですね。

経済でトンデモ理論が流行りだしたら、もうあとは急降下。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO44759740U9A510C1ENI000/?fbclid=IwAR1KCfahcSEH40BY9d-ZP_Kf2gt5pMKvi8B4c3iF3UcW9JhaLoS3pyIGr4E

リーマンの前も、デカップリング理論とか「世界は景気循環を脱し、新たなフェーズに突入した」とかっていう、トンデモ理論が流行りだした頃、一気にショックに陥っていったなあと感じる。ただ、あの頃と一つ違うのは、大量に生成された「ベア商品」を買ってる投資家が多いことで、それがヘッジになってるところかなとは思うけれど。

私も含め、多少株式をかじっている人からすると、「大きな景気循環に対して、そのトレンドを知るために日々は、小ロットでトレードをしておいて、“不景気局面に突入する”というところで、下がれば下がるほど利益が出せる「ベア」を仕込み、ある程度利益が乗ったところで(つまりは、下がりきったところで)利確。その利益分で、下がりきった株に投資する。。。というのが、教科書になっていて、それ以外に大きく資産を増やす方法はほぼなく、明治時代に書かれた「私の財産告白」以来、普遍的な手口。私が好きな「サバイバル投資術/土居 雅紹」という本は、比較的最近書かれた外資系ファンドマネージャーによる著で、非常に良質な内容。で、伝えていることは同じである。

ただし、昨今思うのは「ベア買い」や、「恐怖指数(VIX)買い」が弱気相場入りになった瞬間に大きく動くので、そのヘッジがここまで効いているという時代は、確かにこれまでは無かったかも知れないとは思う。

何にせよ、クラッシュに向けて日々淡々と準備をしている昨今でございます。

整体、はじめました。【告知】

このほど、整体の仕事をスタートさせまして。。。ただの、告知です笑。自分自身が、数多のマッサージやカイロプラティック、整体を受ける中で「こうあって欲しい」というサロンを、自ら開くことにしました。よろしくおねがいします。

https://peraichi.com/landing_pages/view/le0s3