日本全国に316万人位の患者が存在する糖尿病や、疲れやコリなどに効果があるとされている「炭酸泉」。その人気は高く、休日にスーパー銭湯にいくと、「炭酸泉」のコーナーは人で一杯。

そんな「炭酸泉」の中でも、1000ppm以上の高濃度炭酸泉のことを『療養泉』という。うーむ。興味がわく。

・・・でも、炭酸泉大国のドイツならともかく、“日本のスーパー銭湯などではなかなかそこまで高濃度の『療養泉』を探すのは難しそうだなあ”と思っていたら、「簡単に家庭で、お手軽に高濃度炭酸泉を使えるマシンがある」との情報が。

日々、肩こりに悩まされている私としては、「ぜひ、話を聞きに行かねば!」と、展示会に出かけ、マシンを製造・販売している、CO2システムズ株式会社の山崎啓二代表取締役に取材をしてきました。

その、高濃度炭酸泉を家庭で簡単に作れるマシンの正式名称は『CO2SPA』。家庭で簡単に『療養泉』をシャワーなどで浴びることができます。電源は不要。現在、一般家庭や、介護施設などに導入されており、人気は上々。山崎代表自らが広報を手がけて、認知度もアップしている最中。

「気軽に高濃度の炭酸泉のシャワーを浴びたり、お風呂にためて入ったりできるので非常に注目が高くなっています。“無電源”で使いやすく、一般家庭はもちろんのこと、介護施設などからの引き合いも増えていますね。多くの人々に使って欲しいと考えているので、価格も企業努力でなるべく抑えて提供しています」と、山崎代表。

山崎代表は、もともと大手医療機器メーカー出身。「炭酸泉」の可能性に未来を感じ、起業に踏み切ったそうです。『CO2SPA』は“無電源”で高濃度炭酸泉を、1リットル約1円でつくることができる優れもの。導入費用も、月々8623円~(60回払いの場合)と、非常にリーズナブルに設定されています。

「肩こりがひどい」「家庭で気軽に『療養泉』を浴びたり、入浴したりしてみたい」という方にぜひオススメしたいマシンでした。

 

【CO2システムズ株式会社】
代表取締役/山崎啓二
■ホームページ/http://www.co2systems.co.jp