『文章を書くことでご飯を食べていきたい』という未経験のあなた。結論を言うと、実は“楽勝”です。クラウドワークスや、ランサーズなど、未経験であっても「書くことでお金をもらえるサービス」は転がっています。ネットで「ライター募集」などで、検索してもワラワラと出てくるので、片っ端からアタックすれば大丈夫です。


『でも、大体そういうところって、プロとか経験者って書いてるよ』と思い、あきらめて要る方がおられるかもしれません。大丈夫です。プロは、基本的にそういうところで仕事をしません。なぜなら、単価が安すぎるから。


今の時代、SEO用に、記事の内容なんて実はどうでも良くて、PV稼ぐためだけに「記事風のもの」が求められています。その金額は、1文字1円以下。5000文字書いて、ようやく5000円です。最近では0.5円以下とか恐ろしい価格のものも出ていますが、それでもやる人がいるということでしょう。

5000円の仕事を2本やって、1万円。それを月20日続ければ月収20万円。生活費を得ることができます。

ただし。最初に『ご飯を食べることは楽勝』と、書きましたが、「しっかりと稼ぐ」ことはまったく別です。プロの相場は文章だけで、1文字10円以上になります。大体5000文字もダラダラと書くような仕事はほぼありません。コンセプトとターゲットを絞り込み、文字数を削って訴求することが求められるので、2000文字以内など文字数が決まっています。2000文字で大体2万円くらいですね。そこに、取材費用やその他の経費として、+1万円以上の価格になります。


ちなみに、文字数が少なくなるほど、実は1文字あたりの単価は切り上がってくるので、たとえば「500文字×10円で5000円」ということはなく、500文字であっても、2000文字と同じくらいの価格です。ま、実は短くするほうが難しいんですけどね笑

下請けと、直接取引と。──お金の儲け方──

今、プロのライターとそうじゃないライター、素人の方が入り混じっていて、ライター業界は割とカオスです。なので、この記事では『お金を儲ける』という視点で、書いていきたいと思います。
まず『お金を儲けるライター』として、手堅いのは広告代理店などと契約を結び、下請けとして業務を請け負うことです。もちろん、広告代理店は“プロにお願いする”ので、原稿料はプロ価格ですが、求められる品質もシビア。いわゆる従来型の「稼ぐ方法」ですね。
あと、Web時代になって跋扈してきたのが、“釣り記事”に代表されるようなアフェリエイトサイト。これがもうここ4年ほどの間に、酷いことになっており、もうGoogleで何かを検索することはなくなりました。調べ物をする時は、百科事典が集まったサイト https://japanknowledge.com/personal/ 『ジャパンナレッジ』を使っています。間違ってもWikipediaなんて使いません笑


プロのライターだからって、威張ってられる時代じゃない。

プロと言っても、上には上がいるので、「1つの原稿、1つのキャッチコピーで50~100万円」なんていう著名人もいます。その下あたりに、上記のような下請けとして活躍する、名もなき専門職のライターが存在するのです。
ちなみに、ライター志望の方に、1文字10円以上、1つの現場で1万円以上(取材など)で「プロは、1日3~5万程度は稼ぐよ」というリアルな原稿料の話をすると、「そんなに儲かるんですか!」と、目を輝かかせてくれます。
「でもね」と私は続けます。「専門職にふさわしい知識やスキルを持っていることが大前提だよ。なおかつ、これからの未来は暗いよ」と、現実を告げることにしています。だって、もう「下請け」で稼げる時代じゃないですもの。


昔は良かったとか言ってる場合じゃない。

私の場合は、新聞記者から広告代理店でのコピーライター・ディレクターを経て、今はフリーランスになりました。なお、フリーランスという肩書は、最近で普通になりましたが、独立した当時はそこまで多くなかったことを覚えています。当時はだいたい“自営業”と言ってましたから。
──昔は、ライターやカメラマンという職種は、10年程度の修行期間を経て、専門職になり“自営業”として独立する人が多かったので、原稿料も原稿の質も「プロ価格」で一定水準を保っていました。※雑誌や新聞系と、広告では請け負う金額が実は違うのですが、本稿ではわかりずらいので一旦ここでは、「経験のあるプロ価格」と「アマチュア価格」としてわけさせてください。ただ、現在は修行期間もへったくれもなく、自称だろうが素人だろうが飛び込んでくるのがライター業界なので、品質も値段もそりゃもうカオスなことになってきます。映像で言えば、TVタレントと、YouTuberみたいなものですね。
もちろん、昔気質のライターは「昔は良かった」と愚痴をこぼします。私だってそうです。でもね、そんなこと言ってたって、おまんまは食べれないのですよ。かといって、安い仕事を請け負って、高い仕事と同じ品質を担保するのって、現実的じゃないですよね。

結論。ライターで食べていくなら、自分の好きなことや得意分野のことを書く方が良い。

上記のような状況なので、私から見て「単価が高くて、結構稼いでらっしゃる!」というプロのライターさんでも、最近は引退して別のことをしているケースが多々見受けられます。私自身、ほぼ株式投資でコツコツやってる状態ですし。
あ、あと「価格」でいうと、紙媒体とWeb媒体の違いも大きく。実は私がライターデビューした頃って、紙媒体も割と存在感があったのです。で、紙媒体は昔からある媒体なので、価格も高い。Webは安いという流れができつつありました。
──で、結局何が言いたいかというと。「ライターするなら、自分の好きなことだけ書くのが良いよ」ってことです。昔みたいに、下請け仕事で「プロでんねん。稼いでまんねん」みたいなことはもう無理。だったら、下請けではなく、カスタマーと直接つながる直接取引で、マネタイズするなどを企画して実行するなどしないと未来を切り拓くことはできないのですよ。

最後に、宣伝など笑

私のテンション的に、アフェリエイト用の文章を教えることは不可能ですが、「自社サイトの宣伝や、広報活動のためのライティング技術を教えて欲しい」「正しく、魅力的に文章で物事を伝える方法を学びたい」みたいな方は、講座を開きますのでぜひ、コメント欄でもお問い合わせ欄からでも、お気軽にお声掛けください。