どんな漫才も、食わず嫌いにならないように、必ず一度は見るようにしている。あとはただの好みであり、好き嫌いであると思っている。で、「ミキ」。まあ、弟の亜生の方が人気なんだけど、今回感じたのは、不人気の兄、昴生の魂のぶっとさ、凄さ。久々に、お笑いを見ていて、ゾクッとしたレベルで。

当初は「ワーキャー人気のお笑いじゃん」くらいに感じていたのだけれど、徐々に面白いと感じるようになり。好んで観るようになったミキ。

で、表題に戻るけど、昨今のお笑いネタ番組──特にコント系(最近だとR-1)──って、客が笑うのはいいんだけど、ネタの設定に対して「エー」とか「キャー」とかっていう悲鳴みたいなものを上げるのが、非常に苦々しくて。


そんな中、いつものようにミキが漫才でちょっとした設定で話しだした時に、「キャー」の悲鳴があがったことに対し、昴生が「うるさい!漫才や言うてるやろ!」と一喝してスタートしたのが、昴生のキャラとも合っていて、非常にスカッとした爽快感を感じたのだ。あれ、設定に対する悲鳴で、笑いを潰されてる芸人にとっては、拍手喝采だったんじゃないかな。それくらいの一喝。

この辺、「さすが上岡龍太郎の甥の、魂のぶっといところだな」と感じた。私は普段、「本当のお笑いはラジオである」という持論があり。その中で言えば、実はミキが兄弟でやってるラジオって、そんなに面白いとは感じていなかったんです。

だけど、「岡村隆史のオールナイトニッポン」にお兄ちゃんだけがゲスト出演し、岡村にブチ切れする(そういう設定)のまくしたてるようなトークは、マジで面白かった。どっかに音源は転がってると思うで、ぜひ聴いてほしい。そんなことをるる感じる、春先の古都。