最近、リーマンショック後に株式投資を始めた人と話をする機会が多くあり、「いや~、今が底でしょう」という方が多いので、やんわりと「今持ってる株、2008年の株価を調べてみては?」とアドバイスをするようにしている。結論から言うと、2008年にトヨタの株価で2000円くらい。今が7000円程度だから、3分の1程度まで下がっている。あの天下のトヨタでさえ、だ。他の個別株の下げはもっと凄まじい。人材セクターなんて最近では3000円を超えているが、当時は68円近辺をうろちょろしていた銘柄がざらにあった。

ちなみに日経平均は、リーマンショック後、7000円を割っている。その前の2006年後半には1万8000円迄つけてたわけだから、半値以下だ。いかに、凄まじい下げだということがわかる。その前のショックはITバブル。1999年過ぎには何と2万円の大台に乗せる場面もあったが、ショックで一気に崩れていき、2002年を過ぎには8000円とこれまた半値以下。そういう「半値以下」を繰り返しながら、その後それを約「2倍」に高騰させるバブルが起き、さらに弾けていく。

このコロナショックが、これまでの「ショック」と等しかった場合、この前までだいたい2万4000円くらいまで上げていたので、その“半値”となると、1万2000円だ。だから、一定の「バブル崩壊後の最安値の目処」はそのあたりになる。

もちろん、これから世界中が緩和に向かうので、日経平均2万円台で止まり、その後少し上げる可能性は高い。一方で、下値の1万9000円、1万8000円迄下がることも考えねばならないと僕は思う。そして、そこまで落ちたら、流石に短期で買う。ショートカバー狙いで。

何にせよ、完全に今は「待つ」しかない、私は。上に行ったら、売り玉を作るし、下に行ったらショートカバー狙いの買いを入れる。どっちに転んでもいい。ただ、ヨコヨコだと、まあ毎日デイトレするしか無いんだよなあ笑