世界中が経済危機に直面する中、とある国の大統領は、大胆な経済政策を立案。国民たちに語った。「これからある数字を達成するまで、消費税はゼロ。さらに消費したモノ全てに対して“+20%”を国が還元することをお約束します」と、宣言したのだ。これまで何かを買えば10%の消費税がかかっていた。それが無くなるだけではなく、モノを買えばさらにお金が“20%も貰える”というのだ。

「バカなことを言わないでください。どこに財源があるのですか?」と、矢継ぎ早に質問する記者たちに、大統領は笑顔で答える。

「現在、消費税の税収は20兆円規模。さらに88兆円を加え、事業規模としては108兆円になります。確かに、かつてないやり方ではあるが、事業規模の数字としては、これまでにあった話です。消費税と+20%のパッケージは、この財源が尽くまでの期間限定です」と。さらに、「加えられた88兆円という数字は、末広がりで縁起がいいからですよ」と、茶目っ気を出して語ったが、その頃にはもう記者たちは全員姿を消していた。

なんせ、期間限定だ。国民たちは争うように高額商品を買い漁った。不動産を買ったものもいれば、高級車を手に入れたものもいる。それでも、108兆円規模の財政は流石に6ヶ月は持った。当然、景気は回復し、大統領は再び当選した。

───みたいなショートショートを、カクヨムで書いてますので、良かったら見に来てくださるとうれしいです!

https://kakuyomu.jp/works/1177354054880314308/episodes/1177354054895201674