1兆4000億円以上の赤字である。普通なら倒産してもおかしくないレベルの赤字なのが、ソフトバンクグループのPTS(時間外取引)でも、そんなに下がらない。

理由は至ってシンプル。「自社株買いの余力がいかつい」からだ。

細かい分析は既報の通りなので、ググって頂ければと思うが、ほんといかつい。下がったとて、グングンと買い上げるだけの余力がある以上、空売れない。

さらに、既に空売り比率は1を割っている需給なので、「下がったら空売り玉の利確」が入るので、下がっても底がカッチカチに硬い。

さりとて。それだけ空売り勢が入ってるってことは「ヤバイよね」ってことだから、積極的に買えるような状況じゃない。ちなみに僕も空売りたいが、怖くてできない笑

かくして、眺めるだけのソフトバンクグループとなる。まあ、デイトレでは入るかもだけど。買った瞬間にアウトってなる可能性もあれば、空売り入れた瞬間、爆上げする可能性もあるってなると、どっちもできやしない。

まー、実体経済とかけ離れて、世界中の株価は好調だ。玄人筋の、どの投資家に聞いても「気持ちが悪い」「理屈に合わない」ってなるけれど、こればっかりはどうこう言ってもしょうがない。完全にコロナ禍で、格差がさらに開いちゃってる。だって、もともとジャブジャブ状態だったところにお金がはいり、富裕層はさらにジャブジャブ×ジャブジャブ×ジャブジャブに。一方で、本当に苦しい層は、特別給付金を生活費に宛てた、もう残らないかむしろマイナスだ。

未来がどうなるかは、誰にもわからない。でも、おそらく「withコロナ」に世界中が舵を切りつつある今、すべての政策が中途半端でありなおかつ法治国家でもなんでもないことを露呈している日本も、非常に遅れて「withコロナ」に突入する。

備えるしかない。