世界中の株価がバカみたいに上がっている。実態は何も変わっていないのに、ただただ需給だけで上げていくこの相場は完全に「コロナバブル」の様を呈している。

しんどいなって思うのは、これでアメリカの富裕層が「62兆円の利益を出した」という報道がある一方で、「雇い止め」や業績不振により極めて困窮な状態に追い込まれている人たちも非常に多いということだ。

格差社会とは言われているが、ここまで露骨に瞬時に露呈したという事例も珍しいと思う。世界中で起こっているデモに対して「困窮者たちが、社会に対してうっぷんをぶちまけている状況」という報道にも、一理どころか八理くらいはありそうだ。

この状態でヘリコプターマネーを追加しても、経済がコントロールできないレームダック状態になる可能性も高い…とおそらく専門家たちは考えるだろうから、本来は救われるべきところにお金がほとんどいくことなく、さらに富裕層が肥えていくという事態が想定される。

このコロナバブルがどこまで続き、どのように弾けるのか。注視する日々を過ごそう。