恐怖である。

いや、別に旅先での自らの舌禍に大してではない。そんなものはとっくの昔に織り込み済みだ。怖いのは「体重計」である。

もう、ほんとパンパンに食べまくったからね。デブが本気出した貪欲さは見張るべきものがある。我々グリードになると、食物を「kg単位」で、目分量で推量できるようになるからだ。そもそも、体重が100kgを超過しているので「0.1t」。我ながら恐ろしい。

釧路に行くと、毎回伺う、朝食バイキング。いくらや海の幸などが朝から食べ放題!

一応、だいたい旅に出るにあたって、僕の場合は厳密に「メリット・デメリット」について精査を行なう。行動はガサツではあるが、その辺りの思考はシビアに。

メリットは「楽しい」。

僕の場合、釧路は「魚釣り」に行っているので、魚影が非常に濃く入れ食い状態の海で竿を出し、釣り上げた魚を軸にした夕食をいただくというのは理に叶っているし、経済的でもある。旅の最大のデメリットの一つは「コスト」なので、自給自足状態になれることはキャッシュフロー的に美しい。

で。そんな「毎日魚釣り」を楽しむことができるので、自然と歩く歩く。1日に使うカロリーは通常より1000キロカロリー以上消費し、3800カロリーを超えることもざら。なんせ0.1tの重りをつけて移動しているのだから、ほんとデブをなめてはいけないと思う。色々な意味で。

Fitbitは本当に便利!運動だけじゃなく、睡眠の長さや深さも教えてくれる。

「109kg」

あれだけ満腹毎日を過ごしていたけれど、やはり消費カロリーが高かったおかげで、ダイエットには繋がった。もちろん、0.1tにとって、5kg程度は誤差の範囲内ではある。とはいえ、やはり結果に対しては素直に喜びたいし、記したい。

そして今日、無事に帰ってきた。なんだかんだ言って、原稿を書くのはやっぱり自宅が良かったりする。。200kgの荷重に耐える、1日16時間座りっぱなしでも全然おしりが痛くならないゲーミングチェア的な椅子もあるし。

そんなダイエットの喜びの中。。。

そんなダイエットの喜びの中、帰宅後すぐに、なぜかドロドロの豚骨が美味しい「無鉄砲」に行ってしまった。何だか台無し感。

最終日に釣れたクロソイがこちら。

一応、釧路の記事だし地方経済についても。

コロナ禍の中でも、地方都市のいわゆる夜の街は賑わっている。ただ「東京の人は禁止」と店先に張り紙があるなど、なかなかヤバめのコンプライアンス意識である。これは釧路に限らず、「東京と地方」で大きく違う。地方だと、未だに普通の飲食店でランチ後にみんなが食べている店中でタバコを吸ってるジジイがいる。

北海道は全国に先駆けて「非常事態宣言」を出したこともあり、コロナ禍における日本型ロックダウンの事例に良く用いられる。この辺りは、次回にでも。