文章で生活費を得ることは、難しいことではありません。

『文章を書くことでご飯を食べていきたい』という未経験のあなた。結論を言うと、実は“楽勝”です。クラウドワークスや、ランサーズなど、未経験であっても「書くことでお金をもらえるサービス」は転がっています。ネットで「ライター募集」などで、検索してもワラワラと出てくるので、片っ端からアタックすれば大丈夫です。


『でも、大体そういうところって、プロとか経験者って書いてるよ』と思い、あきらめて要る方がおられるかもしれません。大丈夫です。プロは、基本的にそういうところで仕事をしません。なぜなら、単価が安すぎるから。


今の時代、SEO用に、記事の内容なんて実はどうでも良くて、PV稼ぐためだけに「記事風のもの」が求められています。その金額は、1文字1円以下。5000文字書いて、ようやく5000円です。最近では0.5円以下とか恐ろしい価格のものも出ていますが、それでもやる人がいるということでしょう。

5000円の仕事を2本やって、1万円。それを月20日続ければ月収20万円。生活費を得ることができます。

ただし。最初に『ご飯を食べることは楽勝』と、書きましたが、「しっかりと稼ぐ」ことはまったく別です。プロの相場は文章だけで、1文字10円以上になります。大体5000文字もダラダラと書くような仕事はほぼありません。コンセプトとターゲットを絞り込み、文字数を削って訴求することが求められるので、2000文字以内など文字数が決まっています。2000文字で大体2万円くらいですね。そこに、取材費用やその他の経費として、+1万円以上の価格になります。


ちなみに、文字数が少なくなるほど、実は1文字あたりの単価は切り上がってくるので、たとえば「500文字×10円で5000円」ということはなく、500文字であっても、2000文字と同じくらいの価格です。ま、実は短くするほうが難しいんですけどね笑

下請けと、直接取引と。──お金の儲け方──

今、プロのライターとそうじゃないライター、素人の方が入り混じっていて、ライター業界は割とカオスです。なので、この記事では『お金を儲ける』という視点で、書いていきたいと思います。
まず『お金を儲けるライター』として、手堅いのは広告代理店などと契約を結び、下請けとして業務を請け負うことです。もちろん、広告代理店は“プロにお願いする”ので、原稿料はプロ価格ですが、求められる品質もシビア。いわゆる従来型の「稼ぐ方法」ですね。
あと、Web時代になって跋扈してきたのが、“釣り記事”に代表されるようなアフェリエイトサイト。これがもうここ4年ほどの間に、酷いことになっており、もうGoogleで何かを検索することはなくなりました。調べ物をする時は、百科事典が集まったサイト https://japanknowledge.com/personal/ 『ジャパンナレッジ』を使っています。間違ってもWikipediaなんて使いません笑


プロのライターだからって、威張ってられる時代じゃない。

プロと言っても、上には上がいるので、「1つの原稿、1つのキャッチコピーで50~100万円」なんていう著名人もいます。その下あたりに、上記のような下請けとして活躍する、名もなき専門職のライターが存在するのです。
ちなみに、ライター志望の方に、1文字10円以上、1つの現場で1万円以上(取材など)で「プロは、1日3~5万程度は稼ぐよ」というリアルな原稿料の話をすると、「そんなに儲かるんですか!」と、目を輝かかせてくれます。
「でもね」と私は続けます。「専門職にふさわしい知識やスキルを持っていることが大前提だよ。なおかつ、これからの未来は暗いよ」と、現実を告げることにしています。だって、もう「下請け」で稼げる時代じゃないですもの。


昔は良かったとか言ってる場合じゃない。

私の場合は、新聞記者から広告代理店でのコピーライター・ディレクターを経て、今はフリーランスになりました。なお、フリーランスという肩書は、最近で普通になりましたが、独立した当時はそこまで多くなかったことを覚えています。当時はだいたい“自営業”と言ってましたから。
──昔は、ライターやカメラマンという職種は、10年程度の修行期間を経て、専門職になり“自営業”として独立する人が多かったので、原稿料も原稿の質も「プロ価格」で一定水準を保っていました。※雑誌や新聞系と、広告では請け負う金額が実は違うのですが、本稿ではわかりずらいので一旦ここでは、「経験のあるプロ価格」と「アマチュア価格」としてわけさせてください。ただ、現在は修行期間もへったくれもなく、自称だろうが素人だろうが飛び込んでくるのがライター業界なので、品質も値段もそりゃもうカオスなことになってきます。映像で言えば、TVタレントと、YouTuberみたいなものですね。
もちろん、昔気質のライターは「昔は良かった」と愚痴をこぼします。私だってそうです。でもね、そんなこと言ってたって、おまんまは食べれないのですよ。かといって、安い仕事を請け負って、高い仕事と同じ品質を担保するのって、現実的じゃないですよね。

結論。ライターで食べていくなら、自分の好きなことや得意分野のことを書く方が良い。

上記のような状況なので、私から見て「単価が高くて、結構稼いでらっしゃる!」というプロのライターさんでも、最近は引退して別のことをしているケースが多々見受けられます。私自身、ほぼ株式投資でコツコツやってる状態ですし。
あ、あと「価格」でいうと、紙媒体とWeb媒体の違いも大きく。実は私がライターデビューした頃って、紙媒体も割と存在感があったのです。で、紙媒体は昔からある媒体なので、価格も高い。Webは安いという流れができつつありました。
──で、結局何が言いたいかというと。「ライターするなら、自分の好きなことだけ書くのが良いよ」ってことです。昔みたいに、下請け仕事で「プロでんねん。稼いでまんねん」みたいなことはもう無理。だったら、下請けではなく、カスタマーと直接つながる直接取引で、マネタイズするなどを企画して実行するなどしないと未来を切り拓くことはできないのですよ。

最後に、宣伝など笑

私のテンション的に、アフェリエイト用の文章を教えることは不可能ですが、「自社サイトの宣伝や、広報活動のためのライティング技術を教えて欲しい」「正しく、魅力的に文章で物事を伝える方法を学びたい」みたいな方は、講座を開きますのでぜひ、コメント欄でもお問い合わせ欄からでも、お気軽にお声掛けください。

サンバイオショックを、他山の石とせよ。

サンバイオショック

サンバイオというマザーズ上場の株が、ストップ安3連を続けている。1月21日の終値が1万1710円。そこから、5710円にまでストップ安を連チャンでつけたけれど、まだ値がつかない。そのため明日からは、ストップ安水準の幅が2倍に広がり、通常1000円のところが2000円に。ストップ安だと3710円になる。ただ、それでも寄り付かない模様だ。そうなるとさらに2000円安となり、1710円に。「さすがにそこまでには寄り付くだろう」というアナリストの見立てが多いようだが、地合いもあるだろうし、どうなるかはわからない。ちなみに、ストップ安の場合は買う人が圧倒的に少ないせいで、どれだけ売りたくても「売ることができない」だから、どんどんと損害が増大していく。

上記の金額を具体的に示すなら1万1710円×100株(最低限の単元数)=117万円で買った場合、現在で57万1000円に。月曜日にストップ安になったら、37万1000円に。さらに次の日もストップ安水準になれば17万1000円になるまで売れないのだ。だいたい、100株だけ持っている人は少なくて、多くは信用取引(自分の持っている金額の3倍をかけることができる)で買いを入れている。もしこれの5倍、10倍、100倍を買っていたら…もう既にネットには、「Kちゃんまんの借金返済ブログ~サンバイオで信用二階建て後に撃沈~」http://kabukabu-chanman.net/ などの個人投資家のみなさんが苦しんでおられるブログが散見される事態になっています。

こうしたサンバイオショックは、マザーズ全般に広がっており、マザーズ指数の押し下げに繋がり、久々に「取引停止=サーキットブレーカー」が作動しました。8%先物で落ちたので、そこそこ異例です。

見るに堪えない、ネットのサンバイオ株保有者に対する罵詈雑言。

で。ネットを見ていると「サンバイオみたいな危ないところに投資するのは、ギャンブルだ」「資金コントロールしないだ」という攻撃の言葉が溢れかえっていますが、僕は「いやいや。自分に返ってくるんやで、その言葉」と思っているんです。

株は自己責任。でも他人のことを嘲笑っていたら、いずれ自分も失敗した時に、同じことを言われます。そして、言う人はほぼ100%言われるようなことをしでかします。

…だから、人を貶めるのではなく「他山の石」と捉え、粛々と自分のポジションを決めて、戦っていきましょう。孤独なまでに一人(Vガンダムのエンディングテーマ/WINNERS FOREVER ~勝利者よ~より、抜粋)

テンプレート則った文章はAIに駆逐されるけど、毎回頭を絞って考え抜いた文章は生き残りそうだ。

そのまんまの意味。テンプレート則った文章は、間違いなくAIに駆逐される。たとえばウォール・ストリート・ジャーナルなんかではAI記者がすでに活躍中。「日本語は難しいから、AI化は無理」と言われていたこともあったけれど、日本でも天気予報や決算などの文章はAI記者がゴリゴリと書きまくっている状況だ。

かなり前には、「機械はチェスで人間に勝てない」けれど、あっという間に人間をAIが抜き去った。次は「将棋は、 とった相手の駒を使うから、使わない分簡単なチェスよりも難しい」と言われていた将棋もあっさり。結局のところ、テクノロジーの進化は「難しさ」を追い越していく。

で。文章の話。Webライターあたりが書いているような、テンプレートの適当文章は早晩AIに駆逐されるだろうけれど、毎回頭を絞って考え抜いた文章は生き残ると思う。・・・ただし、めちゃめちゃ時間がかかる。

実は私。結構、「書くのが速い」という評価を受けてきた。でもって「遅筆家の意味がわからない」とさえ思っていた。しかし、今の私は完全に遅筆家である。圧倒的に時間をかけて書いている。

だから、ブログの更新が遅れ気味だとしても、許して欲しい(笑)決して、ドラクエビルダーズ2をやりこんでいて、時間がない…ということは無いのだ!

ちなみに、ビルダーズ2のテーマは「ものづくり」。やりこんでいるうちに、そろそろ、メイクマネー業務からクリエイティブな仕事に戻りたいという気持ちが急激に強まるという、不思議な現象も起きている。セリフも心に刺さるものが多いので、ゲームに興味がある方にも、無い方にもオススメしたい一作。

とりとめがあるような無いような雑記だが、一旦これにて。

「面白いと信頼されている人が言ってるから笑える」と言っていた上岡龍太郎の言葉が最近、ようやく解った件。

ラブレターズのオールナイトニッポンに今更ハマってまして。ええ、リアルに。まあ、理由としてはドラクエビルダーズ2に激ハマる中で、このゲームを年末年始、ずーっとやってたわけなんだけれども、ゲームをする際には基本、バックにラジオを流してまして。

で、今回。ラブレターズのオールナイトニッポンを約2年分くらいかな、一気聴きしたわけです。いや、面白くて非常に。You Tubeで公式にアップされているものもあるので、気になった方はぜひ。

で。表題の件なんですが。その昔、確か上岡龍太郎がパペポテレビあたりで「笑いは信頼の面が実は大きい。面白いと信頼されている人が話すから、面白いと感じるのだ」的なことを話していたことを記憶していて。上岡龍太郎自身は、めっちゃ好きなんだけどこの件に関しては“誰がやっても、ちゃんとしたネタは面白いものである。だからそれはちょっと違う”と感じていたのです。この前までは。

ところが、ラブレターズのオールナイトニッポンで激ハマりしてから、ラブレターズのキングオブコント(2016年)の「野球拳」のネタを見たんですが、当時はまったくクスリともしなかった僕が擦り切れるくらい「野球拳」のネタを見返しているレベルで好きになっており。ここに至り、上岡龍太郎の言っていたことが正しかったことを、四半世紀を経て感じた次第なんです。

ちなみに僕が「面白い」としている芸人の軸はラジオでして。芸人がフリートークで2時間とかしゃべって笑いをとるのは実力が不可欠であり、ラジオで面白い芸人は競馬で言えば菊花賞のようなもので「菊花賞にフロックなし」と僕は思っているのです。

そこで言うと、昨年のM-1覇者、霜降り明星のラジオは僕は面白いとは感じていない。漫才は一級品だと思うけれど。で、ふと思ったのは「ハイスクールマンザイ H-1甲子園」の存在。霜降り明星はそれぞれ別のコンビで、H-1に出場し、著名な存在であり、“漫才の腕は磨きまくったのだろうなあ”ということ。ただ、漫才の面白さと芸人しての地肩が比例しておらず、漫才とフリートークと間に大き過ぎがるギャップを感じたのだろうと、勝手に想像したお年始、いかがお過ごしでしょうか?

ただ、最近You Tubeのおかげもあり、「芸人が直接配信する」みたいなことが割と行われているんだけど、まあ面白くない。結局の所、ラジオも優秀な作家やその他の大人たちがしっかりとしているからこそ、面白くなるのだと深く感じた。そんな、とりとめもない、ただの雑記。

あけましておめでとうございます。からの、株式投資日記。

年末、一瞬の爆上げをインテリトラップと睨み、そこで持ち株を損切りしたことで、穏やかな年末年始を過ごすことができた私です。こんにちは。あ、損切りしたら、税金って還ってくるんですね。ちょっとだけ得した気分。

さて、本日は大発会。ただただ、様子見。おそらく日銀のETF買いが入っているである日経平均の下げであったものの、ほぼ上がらず。カンフル剤で、無理やり保たせてきた死に体もそろそろ限界かしらと思いつつ。

一方で日経CNBCの辛口目のアナリストですら「さすがに売られすぎ」と言い出したのを見ながら、市場心理としては「下げすぎ」なのかとも思いつつ。

いずれにせよ、私のスタンスは売り。具体的には日経ベア(日経平均が下がると上がり、上がると下がるETF)を扱う。日経平均がバカみたいに上げたら、逆張り。下げだしたら順張り。

まあ、日経平均が下がることを想定している方々は多いと思うので(外国人の売り持ち越しはエグい)、そんな時には、そこまで下がらないだろうとも思いつつ。無理のない範囲で、やっていこう。

 

【寄稿記事】海外観光客の“化粧品爆買い”のリアル、現場からお伝えします!※美容ライターの北口さんに寄稿して頂きました。

こんにちは。元某大手百貨店で美容部員をしていた経験のある、美容ライターの北口ちかこです!今回は、“なぜ、インバウンドが盛り上がっているか?”を、書きたいと思います。

■インバウンドが、とても盛り上がってますね!
近年、外国人の観光客は増加。美容部員としても、お客様が増えることは、うれしい限り(とはいえ、実際は、大変なことも多いですが笑)。中でも百貨店にはアジア系の方々がズラリ。“大量に日本の化粧品を買ってくださる”という状況が続いています。でもよく考えると、中国や韓国、台湾などアジア諸国でも「日本の化粧品は売られているはずでは?」と思いませんか。それなのに、彼ら・彼女らは大勢でわざわざ来日して、購入してくれるんです。

なお、彼ら・彼女らの情報源はインバウンドの情報源は中国版のTwitterと言われる『微博(weibo/ウェイポ)』です。中国の有名な女優が「ここの〇〇が良い!」とつぶやいてから急激に売れるようになったという事例があります。他にも独自の情報源があるようで、SNSなどを使って情報交換をしているとのことでした。

■なぜ、日本に百貨店に来てくれるのか?
私が働いていた百貨店(私が勤めていたのは化粧品メーカーですが)も海外のお客様が多く、一番人気の化粧品は「在庫がある分だけちょうだい!」と、全部購入してくださいました。うれしい悲鳴なのですが、何人も来たら大変なことに…。そこで各メーカーは、購入数に制限を設けることにしたんです。私のメーカーでは一つの商品は一人5つまで、というルールを設定。今考えると、商機を逸する機会ロスだと感じますね。

接客中、彼ら・彼女らに「なぜ化粧品を購入するために来日する?」と聞いたことがあります。その理由は大きく2つ。【日本で作られているものが欲しい】【インバウンド用の割引がある】でした。

■日本で作られているものが欲しい!
海外のお客様は日本製というだけでなく、“日本で作られている製品”が好きです。生産国が海外の製品は、通販などで安く売られていますが、来日されるお客様は「自ら日本に来て、百貨店で購入すること」のこだわります。中でも百貨店はさらに、信頼のある売り場だそうです。彼ら・彼女らに聞くと「日本で作られたモノを、日本で買うと安心だ」と話してくれました。「自分たちの住んでいる国のモノや情報は信用できない」ことが、日本の百貨店での“爆買い”につながっているんです。

■インバウンド用の割引がある!
海外のお客様は百貨店の株主カードを使い、その割引で化粧品などを購入する人がほとんど。しかし、株主カードに記されているのは日本人の名前。それを出して使う人が明らかに外国人であれば“別人だ”とすぐにわかりますよね?これには、百貨店側も困り、海外のお客様に対して「株主カードの使用禁止」をルール化しました。これに対して、作られたのが「インバウンド用の割引カード」。私の百貨店では5%OFF・7%OFF、大きなものではなんと“10%OFF”という割引カードもありました。

■大爆買いの正体は、バイヤー
個人で“爆買い”をしてくださるお客様もおられますが、「在庫を全部頂戴!」というレベルの爆買いのお客様の正体は、実はバイヤーです。バイヤーは2~4名のグループで来店されるので、すぐにわかります。バイヤーは、祖国に帰って、仕入れた商品を販売。一度に大量購入すれば、割引と免税で安くなるので来日して化粧品を購入するのです。

──以上、百貨店にある化粧品現場の、インバウンド事情についてお伝えしました!なお、バイヤーは「日本で購入した証明」としてレシートの写真を撮影したり、店舗の様子をムービーで撮影していました。商魂たくましい笑

【美容ライター・北口ちかこ】

HPです!ブログ/北口さん写真.jpg
https://coffeetime-afternoon.hatenablog.com/entry/2018/10/07/193633?fbclid=IwAR0I_m_0rnhTYt4fkEz4MHDCgIqI2fKqU4FApWp-2dse9ZKpWfIpIn6dHlA

凄い!日経ヴェリタスで「トランプと宗教」が特集されておる。

その昔、某大手新聞社で長年経済に関する取材や記事に携わっている記者さんに、「経済と宗教について書いたりしないんですか?」と質問したことがある。マックス・ヴェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』が話題になったか、ならないかの時期だったけれど、「仲西さん。経済に宗教はタブーなので書けないですよ」と割と強めに否定されたことがある。

私的には「一般紙はそんな感じかしら」と思っていたところに、日経ヴェリタスで「トランプ政権と福音派」という目一杯、経済×宗教をぶっこんできてくれたことに、心地よさと“ようやく、良き時代がきたか”という万感の思いを胸に、このブログを書くモチベーションにつながった次第。

現在、ライターとしての本業は、ほとんど経済関連。ただ、私の名前で検索すると、実は仏教関連のものがワラワラと出てくる。キャリア的にも、経済関連の取材よりも、宗教関連への取材・執筆の方が先だったりする。今でも経済関連は大好物だけど、日本の仏教関連も割と得意な領域だ。──ま、ブログのタイトルどおり、本人の信仰はプロテスタントなんですけどね!(大いに日本人的)

それはさておき。私の所属している教派が(仏教でいうところの宗派かなあ?)、福音自由という福音主義と自由教会運動の流れを汲むところでして。日経ヴェリタスの記事にもある通り、福音派ってもうゴリゴリの“原理主義”なんですよ。わかりやすく言うと「聖書に書かれていることがすべて正しいのである」という考え方。──この辺り、多神教的で和を尊ぶマインドの日本人には理解しづらいところだと思う。よく“キリスト教は一神教で排他的だ”と言われるが、ほぼその通りだから笑。ただ、あくまでも“ほぼ”であって、決して“他の宗教を人が迫害してもよい。迫害せよ”となんてことは一切許されてはいない。だからもしクリスチャンが他の宗教を迫害していたら、それは“異邦人を愛せ”という言葉に反すること。もちろん、他宗教に対する妥協も違うわけですけどね(この辺、リアルに日本に住んでたらややこしい笑)

今回の日系ヴェリタスでは、福音派の説明と、その福音派がいかにトランプ政権を支えているかが書かれている。経済も宗教もやってる人間としては、面白い記事だ。

何より、日本の投資家たちに好んで読まれている媒体に、プロテスタントのことが詳細に書かれており、キリスト教のことを知ってもらえるきっかけになれば、クリスチャンの端くれとして僥倖の至りではある。一方で、記事を俯瞰で見たとき、福音派は“前時代的な原理主義”的な書かれ方をしているので、宗教が政治力を持つことのヤバさを感じたし「やっぱり政教分離原則って大事だよね」と心底思ったりもした。

経済と宗教は、やっぱり奥深いし面白い。